teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


落語の「道灌」

 投稿者:あきあき  投稿日:2017年 4月23日(日)15時09分54秒
編集済
   狩りに出た太田道灌がにわかの村雨に遭い、見つけたあばら家で蓑・笠を借りようとします。応対に出て来た娘は黙って山吹の花一枝を差し出します。道灌は意味が分からず、怒ってご帰館。周りの者が「それは古歌を引いて蓑も笠も無いことを婉曲に訴えたもの」と解説。道灌は「余は歌道に暗かった」と反省し作歌に励み、武士ながら文化人としても有名になったというオハナシ。昨日散歩道で一重と八重の山吹の花を見つけましたのでお目にかけます。
以上
 
 

福島の桜

 投稿者:あきあき  投稿日:2017年 4月18日(火)18時50分23秒
   先週は前職OB会と検査入院の日程が重なって、恒例の福島市花見山公園での花見ができませんでした。現地の開花状況をネットで見ると今週が盛りとか。一昨年撮った写真が見つかったのでお目にかけます。東京は八重桜が今盛りですね。
 朝鮮半島北から何か落ちて来たり、米空母の攻撃が始まったら、この景色はどうなるかな。米韓合同軍事演習が続く今月一杯は、キムVSトランプのチキンレースから目が離せません。
以上
 

ウコン(鬱金)桜

 投稿者:あきあき  投稿日:2017年 4月16日(日)11時48分1秒
編集済
   今朝散歩していて、思いがけずご近所で「ウコン桜」を見つけました。染井より遅く四月中頃から黄色(黄金?)の花を咲かせるそうです。もっと緑色がかった「御衣黄桜」というのもあるそうですが、この木はどうやらウコンのようです。写真をお目にかけます。
以上
 

検査入院

 投稿者:あきあき  投稿日:2017年 4月14日(金)12時37分59秒
編集済
   高齢者健診で引っかかり、二泊三日で検査入院してきました。病室は八階の窓際で、目の下に満開の桜が見える好位置。ずいぶん慰められました。うれしいことに結果は無罪放免。さきほど出所?してきました。
 帰り道の改札口で感じたのは、電車に乗り降りする人々の足の速さ。当然ですが皆健康なのですね。
 そこで一首。
  「退院のわれを迎えた花吹雪
         二泊三日の長さ教える」
以上
 

散るサクラ

 投稿者:あきあき  投稿日:2017年 4月 9日(日)15時02分3秒
編集済
   朝から雨でいよいよ今年の桜も盛りを過ぎそうです。今朝の愛犬写真をお目にかけます。もし運悪く半島で始まったら、我が国得意の泥縄作戦で防空壕でも掘りますか。
 今の外交・安保環境を詠ってみました。

 「毒ガスやトマホーク降るシリアより
            花びら散り来る国はのどけし」
以上
 

花ゲリラ

 投稿者:あきあき  投稿日:2017年 4月 5日(水)10時26分55秒
編集済
   もう数十年前になりますが、一時「花ゲリラ」という言葉が流行ったことがありました。空き地や河川敷、線路の土手などにこっそり花の種を播いて歩き、後でその花を見て密かに楽しむ一人遊びです。今でも継続している人がいるようで、拙宅の近所の線路に沿った法面は春ごとに花盛り。今は黄色い菜の花、紫の紫禁草、白い花ニラなどが目を楽しませてくれています。
 でも秋になると茎や枯れた葉がそのまま残りますから、鉄道会社にとっては良し悪しかもしれません。
以上
 

やっと桜が

 投稿者:あきあき  投稿日:2017年 3月28日(火)10時02分39秒
   先週の今頃靖国神社で開花が認められ開花宣言が出ていたが、その後我が家の近所では寒さが戻って雨も降り、さっぱり開花しない。今朝やっと晴天が戻ったので公園に行って見たが、開いていたのはまだ一二輪。午後には暖かくなってこの週末から花見ができるかな。
 そこで一首。
   「九段から開花の便り届けども
           今朝は北風まだ花を見ず」
以上
 

すべてが見世物になる時代

 投稿者:あきあき  投稿日:2017年 3月25日(土)09時49分35秒
編集済
   侍ジャパンは準決勝で負けたが高校野球があるし、都や国の議会の証人喚問中継がお茶の間で見える。しかも午前午後とニュースショウが懇切に解説してくれる。まったく次から次と見世物のタネは尽きない。裁判員裁判なども時代が進めばいずれテレビ中継されるのかしら?
 最近テレビばかり見ていて、事件の本質を自分の頭で考えていない自分に気が付いた。可視化による政治の透明化は正しいが、受け手が注意しないと「愚民化」というリスクも負うのでしょう。せめてニュースショウを見るのは半日にするかな。
以上
 

次は22日10時から

 投稿者:あきあき  投稿日:2017年 3月16日(木)11時11分45秒
編集済
    WBCイスラエル戦も大いに楽しめました。メンバーの皆がそれぞれチームワーク良く勝利に貢献していて、集団主義の日本人感覚では理想的に感じられるチームです。
次はロスからの中継だそうです。楽しみです。
 一方、最近の自分の生活を振り返ると、朝は散歩から帰って朝刊を読み、ニュースショウを二つ見る。午後は読書や昼寝が理想だが、最近は大阪の国有地問題や豊洲が気になってテレビを見ることが多い。夕方の散歩から帰り、孫の宿題を見て夜はWBC観戦。
 そこで自嘲の一首。
 「パンとサーカス嵌った吾は
             年金の支給日待ちつつWBCを観る」
以上
 

疲れるWBC

 投稿者:あきあき  投稿日:2017年 3月13日(月)11時03分53秒
編集済
   オランダの打線は強力だった。序盤では安心ムードだったが、たちまち追いつかれた。日本の投手も決して悪くなかったのにヒットされてしまう。敵は大リーガー中心なので已む無しとしても、彼らはバットの芯を外してもヒットにしてしまうのだろうか。4時間以上もハラハラさせられすっかり疲れた。あれで負けていたら今日は会社を休んで不貞寝する人が多かったかも。次はどうなるだろう。楽しみだね。
以上
 

おみこし型知事だったのか

 投稿者:あきあき  投稿日:2017年 3月 4日(土)09時25分26秒
編集済
   昨日の午後、都知事だった老人の記者会見を見ました。一ツ橋の学生の時「太陽の季節」で芥川賞を取り作家として成功。中年になって政界に転身。スター俳優だった弟とともに永年セレブだった人も、老いればあのようになる。行政組織の神輿に乗って細かいことは部下に任せたと称し、重要な問題には深く関与せず、責任も取らず、ひたすら権力のみふるってきたのでしょう。今の彼を動かしているのは現知事に対する怨恨と、高額な住民訴訟に対する不安だけに見えました。終戦後戦争責任が論じられたとき、だれが責任者だったかわからない「日本の組織体質」が問題だと指摘されたそうですが、今回も全く同じ轍を踏んでいる。ディーゼルエンジン排気ガス規制とか、大震災のときいち早く東京消防庁を出動させ救助活動にあたらせ、また冷却できなくなった原発に放水させたとか、東京五輪の再招致を提案したとか功績も多いのだが、「長生きすれば恥多し」を絵に描いたような会見になりました。
以上
 

3月末には桜が

 投稿者:あきあき  投稿日:2017年 2月28日(火)10時12分17秒
編集済
   明日から3月。一昨年の3月末の写真ですが満開の桜をお目にかけます。桜は見ただけで心が浮き立ちませんか。
 テレビは「群盲象を撫でる」ようなKL暗殺事件の解説と、大阪の国有地払下げ問題、そしてオスカー授賞式のハプニングで賑やか。
外には冷たい風が吹いていても沈丁花が香り、木瓜の花も目につきます。
以上
 

戦国時代の肉親殺し

 投稿者:あきあき  投稿日:2017年 2月20日(月)16時48分41秒
   よく次々とニュースショウを喜ばせる事件が起こるものです。五輪会場、豊洲移転、元知事の参考人招致、米国新大統領のトランプ砲、安倍首相とのゴルフ会談などそろそろネタ切れかと思えばちゃんとKL空港暗殺事件が発生。しかも監視カメラの記録が公開される劇場型です。
 北方の某王国はまだ戦国時代の意識かな。そういえば信長も家康も秀吉も、たしか近親を消していたと記憶します。恐ろしい隣人に核ミサイルのボタンを持たせてしまったようですな。
以上
 

寒さに強い品種?

 投稿者:あきあき  投稿日:2017年 2月11日(土)11時01分12秒
編集済
   ご近所に何軒か冬になっても、アロエを露地で育てているお宅があります。小生が中学生のころ、同居していた祖父母がアロエを庭で大切に育てていました。万能薬としてどなたからいただいて、夏には蚊に食われたところに葉から出る汁を塗ったり、苦いのでカプセルにとって胃腸の薬として飲んだりしていましたね。また冬には霜にあてないよう廊下に取り込んでいました。確かに霜に当たるとそこから枯れて、融けてしまった記憶があります。今ご近所では冬でも露地に置いていて、写真のように枯れる様子が見られません。それどころか花まで咲いています。品種改良されたものなのでしょうか?温暖化のせいでしょうか?
以上
 

アメリカの訴訟

 投稿者:hazama  投稿日:2017年 2月 6日(月)22時20分54秒
編集済
  現役時代、ハワイ州及びコロラド州でcivil action【民事訴訟】を体験したが、
日本の訴訟とは、全く異なります。

まず、日本と大きく異なるのは、訴えを提起した時点で本裁判が行われるのではなく、
pre-trial=事前証拠手続きが行われるということです。
本裁判は、この事前証拠手続きが終了すると予測される2~3年後に実施されるのです。

しかも、証拠手続きは日本とは全く異なります。

例えば、証人尋問手続きでは
①質問の内容には、一切の制限がないこと。
 個人的なこと、例えば、愛人がいるかとどうかという質問も許されるのです。
 日本では、争点に関係のない質問はやめろと裁判官が注意しますが、プレトライアルでは
 そのようなことは一切ない。
 そもそも、プレトライアルでは、裁判所の速記官が記録するが、裁判官は出席していないので す。

②時間に制限がないこと、
 日本では証人尋問に2時間とか3時間以内で、と制限されるが、アメリカでは制限がないのです。
 その日に終わらなければ、翌日も証人尋問が続けて実行されるのです。

その他、アメリカの訴訟制度はすべての点において日本と全く違うのです。

どうりで、水田教授の英米法はチットモ役に立たなかった訳だ・・・
 

アメリカの司法

 投稿者:あきあき  投稿日:2017年 2月 6日(月)11時13分33秒
   先月27日に出た入国管理に関する米大統領令停止仮処分申請に対し、連邦地裁と高裁は合わせて10日もかからず昨日決定を出している。まだ最高裁があるので確定ではないが、この速さには驚く。米国の三権分立が健在であることは速さからもうかがえる。日本だったらいつになっていただろう。司法の健全性は判決理由の論理性、倫理性だけでなく、実効性で測る必要があると教えられたような気がする。やはり組むとしたら大陸の某大国より民主主義のアメリカだね。
以上
 

蝋梅と水仙

 投稿者:あきあき  投稿日:2017年 2月 3日(金)18時22分24秒
編集済
   毎朝のテレビは新しい米大統領の「口先介入」と、それを読み解くコメンテーターの話ばかり。まったく気が晴れません。彼の顔はアメリカ映画に出てくるローマ皇帝そっくり。顎を突き出していかにも偉そうな表情をしますね。歴史がクルリと回って世界は昭和の初めに戻ったようです。
 今日は節分、明日から立春。写真はご近所のお庭を撮らせていただいたもの。
そこで一首。
  「蝋梅と水仙が黄色く咲く庭に
           霜柱キラリ光る冷たさ」
 

世界記録

 投稿者:あきあき  投稿日:2017年 1月30日(月)18時12分49秒
   母校水泳部2年生の渡辺一平君が、200メートル平泳ぎで世界記録を出した。リオ五輪では予選でよい記録を出したが、決勝で6位に終わった悔しさをリベンジできたようだ。
 早稲田のいいニュースが少ない中、久しぶりのうれしい知らせだった。
以上
 

なんだか恥ずかしい会見

 投稿者:あきあき  投稿日:2017年 1月24日(火)09時48分42秒
   文科省の組織的官僚天下り斡旋が発覚、次官の更迭や関係した幹部が処分されたと報じられています。大学側も文科省人事課の指示に従って、口裏合わせまで付き合っていたとか。総長の記者会見を見ていたら、元局長を押し込まれたのではなく、積極的にリクルートしたとのニュアンス。真実はわかりませんが、なんだか恥ずかしい。イメージダウンだけでなく、時期から考えると受験生の減少とか直接のインパクトもありそう。キャンパスでマイクを向けられた学生が「学の独立を掲げる早稲田が・・」と嘆いていたのは印象的でした。
以上
 

駆け引きの激しい商談

 投稿者:あきあき  投稿日:2017年 1月21日(土)19時06分6秒
   トランプ大統領の就任式を録画しておいて見ました。特に演説に注目して見ていました。格調高い演説でないのは確かです。それより気になったのは、選挙中に報道されていたツイッターでの発信内容とあまり差がない政策方針だったことです。もしコメンテーターたちがいうように、辣腕ビジネスマンとしての駆け引きなら、掛値の大きい見積書か、大幅な値引き要求のようですね。世界中が4年の任期中この人の駆け引きに振り回されるのでしょうか。
以上
 

二人目の孫

 投稿者:あきあき  投稿日:2017年 1月15日(日)10時17分14秒
   暮れの30日夕方、長女が男児を産みました。8年前に次女が産んだ男の子に次いで得た二人目の孫です。
高齢出産なのでだいぶ心配しましたが、おかげさまで母子ともに健全。散歩の都度近所のお地蔵さまに祈ったせいでしょうか。有り難いことです。正月4日に退院して、実家の我が家に帰ってきています。小学校の放課後には、二年生になる次女の子を預かっていますので、家内も小生も毎日なんとなく世話に追われています。
以上
 

物権法の篠塚先生

 投稿者:あきあき  投稿日:2017年 1月 8日(日)09時59分37秒
編集済
   5日の朝刊で、年末に篠塚昭次先生が88歳で亡くなったと報じられていました。早大名誉教授、日本土地法学会会長となっていました。肺炎だったようです。
 記憶の中の物権法の授業では、土地所有権が歴史的にどう変遷し今のように確立されたかを丁寧に講義してくれました。それで借地・借家法とのつながりなどもよくわかりましたね。人気のある若い先生でした。ご冥福を祈ります。
以上
 

おめでとうございます

 投稿者:あきあき  投稿日:2017年 1月 3日(火)11時57分42秒
編集済
   早くも3日になりました。晴れて暖かく、大きな事件もない良いお正月になりました。
でもこの正月スポーツで母校は、順々決勝で同志社に敗れラグビー大学選手権には出ていない。
 さらに箱根駅伝も青山学院大に往路32秒まで迫りながら、復路で5分以上差をつけられ今まさに苦戦中。せめてこのまま2位の座は守り切ってほしい。苦しむ選手の顔を見ながら、OBは炬燵の中で勝手なことをつぶやいています。
 今年もよろしくお願いいたします。
以上
 

よいお年を

 投稿者:あきあき  投稿日:2016年12月31日(土)18時29分28秒
編集済
   明日は元旦。どんな年になるのでしょう。国内ではアベノミクスの行方、国際的にはトランプ新大統領の政策の方向、欧州の統一が維持されるか、中東和平が進むか、中国が富国強兵路線を進めるかなどが注目点でしょうか。
 押し詰まったきのう30日、二人目の孫が生まれました。男の子でした。今朝病院に行ってご対面をしてきました。彼らが平和な生活を続けられるよう明日の初詣で祈ります。
皆さまよいお年を。
以上
 

風邪で2日休養

 投稿者:あきあき  投稿日:2016年12月25日(日)10時55分42秒
   木曜日の朝から熱が出て2日ほど休養しました。幸いインフルではない喉の風邪。薬が効いて土曜日からは普通に生活しています。家内がどこかでもらったのを小生が引き継いだ気配です。
暮れのうちに引いておいたので正月は快適に過ごせるかなどと都合よく考えてます。
さてこれから暮れの大掃除などが待っていますね。
以上
 

甲子園ボウルも負けた

 投稿者:あきあき  投稿日:2016年12月18日(日)17時23分41秒
   昨日のラグビー学生選手権第一回戦は、同志社大に47対31で負けている。今日のアメリカンフットボール学生選手権決勝戦(甲子園ボウル)も、関西学院大に31対14で負けた。
 ロシアとの首脳会談は予想通り難しい結果になったようだ。今日は気分がよくないよ。明日からはもっと楽しいニュースを聞きたいもんだ。
以上
 

ミコヤン来日のとき

 投稿者:あきあき  投稿日:2016年12月15日(木)14時38分41秒
編集済
   われわれが早稲田に入った1964年かその翌年に、当時のソ連からミコヤン副首相が来て、記念会堂で大学主催の講演会がありました。舞台に彼が拍手しつつ現れて講演を始めると、聴衆の学生から「歯舞色丹はどうした?」と大きなヤジが飛びました。しかし当時の学生は敗戦からまだ20数年、しかも冷戦下でしたからソ連に対する期待が強く、耳が痛いほどの拍手でヤジをかき消しましたね。1956年に鳩山首相がソ連に行って、日ソ共同宣言をまとめ、「平和条約ができたら歯舞色丹両島を返還する」と合意しています。ミコヤン来日はその合意から既に10年後。まだ返還の実行に至っていなかったのですからヤジも当然でした。今晩の交渉がどうなるか考えているうちに、あの日記念会堂で聴いたヤジの鋭い声をはっきり思い出しました。
以上
 

制度設計の難しさ

 投稿者:あきあき  投稿日:2016年12月10日(土)12時01分40秒
編集済
   お隣の国会で大統領弾劾決議が通ったという。北と対峙する環境の中、行政の意思決定が素早くできるように大統領に権力を集中させた憲法が不祥事の原因と「識者」はいう。この国で代々の大統領が任期末に起こした不祥事の原因は、社会の意識が「東洋的縁故主義」から抜け切れないためかもしれないね。我が国だって色濃く縁故主義が残っているから、あまり人のことはいえないが。。。とにかく現実の社会や国民の意識からあまり離れた制度は、破たんしやすいという例なのでしょう。それにしてもデモの動員数すごいね。
以上
 

鬼平犯科帳最終回

 投稿者:あきあき  投稿日:2016年12月 4日(日)09時27分44秒
編集済
   昨晩で中村吉右衛門演ずる鬼平犯科帳は最終回を迎えた。何度も再放送された若き日の吉右衛門・鬼平と比較すれば確かに老人になっていた。しかし父の先代松本幸四郎だけでなく、丹波哲郎や万屋錦之助の演じた鬼平には絶対負けない鬼平だった。吉右衛門は早稲田を卒業した兄の松本幸四郎とは異なり早稲田を中退。母方の祖父で名優だった初代中村吉右衛門を継ぐことに悩んだ青春時代だったという。今は人間国宝で歌舞伎界の宝と言われる。フアンとしてはもっと見ていたいが、さすがに引き時を心得た最終回だと思った。
 そこで一首。
   「笠をのせ扇子動かし去って行く
            鬼平の歩みも年古りにけり」
以上
 

秋の寒波

 投稿者:あきあき  投稿日:2016年11月26日(土)09時09分12秒
編集済
   11月なのに50数年ぶりという初雪が積もって、すぐ融けたかと思ったら今朝は屋根が霜で真っ白。7時半ころから出かけた散歩で、思わず「これは2月の寒さだ」と犬に話しかけました。昼には暖かくなるでしょうが、今は家の中でもまだかなり寒い。この寒波のおかげでしょうか、もうインフルエンザの流行が始まったと報道されています。小生は10月に接種を受けているものの、お互い齢なので気をつけましょう。
以上
 

バタフライは早稲田強し

 投稿者:あきあき  投稿日:2016年11月20日(日)09時44分54秒
   水泳アジア選手の200メートルバタフライは、3年坂井君、4年瀬戸君がそれぞれ1位と2位を占めた。リオのオリンピックで銀・銅メダルを取った二人だが、このまま成長して東京五輪まで続けてほしいね。
 テニスの錦織君がジョコビッチにストレート負けしたのでがっかりしていたら、水泳で早稲田の二人が勝ったというニュースが出て、これで気分が直ったよ。
以上
 

東西の壁崩壊並みのショック?

 投稿者:あきあき  投稿日:2016年11月14日(月)17時43分7秒
編集済
   トランプ大統領が公言している通りの政策を取った場合、東西の壁崩壊と同等のインパクトで世界を揺るがすかもしれない。特にEUと日本に与える影響は大きいと思う。
 米国が世界の警察官の地位と、経済的リーダーの地位から降りて、アメリカ大陸に立てこもるなら、各国がそれぞれ自前で軍備も経済も背負って立つことになるのかな。トランプ氏の任期が年齢から考えて4年とすると、その間で世界は大きく変わりそうだ。日本の再軍備、米軍撤退、核武装など笑い話では済みそうもない。 長生きするとえらいことに出会いそうだ。といってまだ死にたくもないがね。
以上
 

一寸先は闇か?

 投稿者:あきあき  投稿日:2016年11月 9日(水)18時49分43秒
   米大統領選挙の放送を朝から当確が出るまで見てしまいました。NHKも民放も、よその国のことなのにまるで自国の選挙のように扱っていましたね。
 それにしても「もしトランプが当選したら・・・」などと言っていたのに、トランプが勝っては解説者もこれから大変でしょう。それとも今後どうなるかの予想で、もう一稼ぎできるとほくそえんでいるかな?
 「政治の世界は一寸先が闇」というのを今日は目のあたりにしましたよ。
以上
 

駅伝もラグビーも

 投稿者:あきあき  投稿日:2016年11月 7日(月)09時40分43秒
   熱田ー伊勢の全日本学生駅伝の早稲田は、途中までトップで走る健闘空しく最終区で青学大に抜かれ2位。しかしチーム力向上が見られるので箱根に期待が持てそう。
 一方ラグビー部の帝京大戦は75対3で大敗。山下監督は春から下級生中心に切り替え、再興を図ってきたがまだまだ帝京には歯が立たないようだ。おそらく対抗戦だけでなく大学選手権でもすぐの復権は無理だろう。いまから決めつけられないが来年を期待するかな。
以上
 

喧嘩上手の小池知事

 投稿者:あきあき  投稿日:2016年11月 5日(土)09時58分13秒
編集済
   今朝TVで解説を見ていていると、オリンピック会場見直しの話が出ていた。大物政治家やスポーツ界のドンたちが仕切る組織委員会、新党立ち上げを警戒している政権党、伏魔殿と言われる都議会と都職員などを相手に、バックなしにイニシアティブをとり続けているのは見事。IOCとの間でも招致時の原案を守りながら、おそらく30%くらい予算を削って落着させるだろう。
 また豊洲市場問題は、責任者たちを更迭したので、これからじっくり落とし込んでゆくだろう。倭の国は卑弥呼の昔から女性が仕切ると結構うまくゆく。しかし小池さん、まさかお隣の女性大統領のように「祈祷師」と相談して決めてはいないだろうね。
以上
 

50年ぶりの神宮球場

 投稿者:あきあき  投稿日:2016年10月31日(月)08時51分44秒
   昨日は名古屋からRクラスのM君が出てきて、二人で早慶野球戦第二戦を観戦。4年生の秋に来て以来50年ぶりの神宮でした。明治の優勝がすでに決まっているためか、徹夜で並ぶ者もいた昔は夢のよう。満員ではありませんがそれなりに学生席は埋まっています。双方の応援歌には初めて聞くものもありました。
 結果は前日の負けを跳ね返した早稲田が2対1で勝利。わざわざ日帰りで上京したM君も、大いに満足して帰ってゆきました。さて今日の勝負はどうなるでしょう?
以上
 

果売箱とは?

 投稿者:あきあき  投稿日:2016年10月27日(木)10時24分3秒
   散歩する途中ご近所の門前に、黄色の釉薬をかけた陶器の獅子が置いてあります。台にあたる部分には「果売箱」という字が見えます。通るたび獅子のとぼけた顔を面白く眺めていました。
 昨日写真を撮りましたのでお目にかけます。果売箱をネットで検索すると「中国の門前や観光地に置かれたオブジェ的ごみ箱」ということでした。大きく開いた口からごみを入れるのでしょうか。 そこで下手な歌を詠みました。
  「支那の獅子 陶器の口を開け放し
            腹の底まで秋風を吸う」
以上
           
 

おくのほそ道と枕草子

 投稿者:あきあき  投稿日:2016年10月23日(日)16時54分3秒
編集済
   枕草子の全段を読もうと取り組んでいます。まだ80段あたりでうろうろしていますが、作者の清少納言と恋愛関係にあったといわれる藤原実方中将という歌人のモテ男がちらりと出てきます。枕草子ではそれらしい記述はありません。700年くらい後に書かれた奥のほそ道に、芭蕉が西行にならって現在の名取市の笠島というところで実方の墓を探す話があります。ちょうど5月の雨で道がぬかるみ、結局行きつけず通り過ぎるのですが、「笠島はいずこ五月のぬかりみち」という句を残しています。おくのほそ道の解説を読むと、「実方」は御所で喧嘩して能書家の藤原「行成」の冠を庭に投げ捨て、天皇の怒りを買って奥州国司にされたらしいこと、現地で馬から落ちて死んだこと、作品が小倉百人一首に載っていること、清少納言はじめ20名くらいの女性と関係があったらしいなどとあり、源氏物語のモデルの一人とも言われるとか。
 まさか芭蕉と清少納言がそんな形でつながるとは思いませんでした。
以上
 

トケイソウの花

 投稿者:あきあき  投稿日:2016年10月16日(日)09時26分50秒
編集済
   6月頃から夏にかけて咲き、その後休んでいた我が家のトケイソウがまた咲きました。図鑑を見ると、アメリカ、豪州、アジアの熱帯原産のつる草で、5月から秋まで咲くとあります。
 我が家のものはどうやら「スカイ」という原種のようです。時計の文字盤に似た奇妙な花をお目にかけます。
以上
 

ボブ・ディランのノーベル賞

 投稿者:あきあき  投稿日:2016年10月14日(金)10時23分27秒
編集済
   早稲田からノーベル賞受賞者が出るとすれば、村上春樹だと言われて久しい。今年も文学賞の予想では彼が一位と報じられていた。医学・生理学賞の大隅教授とともに、今年は受賞できるかと期待して待っていた。しかしニュース速報で「ボブ・ディラン」と報じられビックリ。われらが学生のころ「風に吹かれて」などで世界的人気者だったね。あのしわがれ声が懐かしい。
 まさかシンガー・ソング・ライターが文学賞とは予想しなかった。反対の声もあるそうだが、小生はこの受賞に賛成。彼はただのフォーク・シンガー(歌手)ではないと思う。これで文学賞の範囲が広がるだろうし、村上春樹はまだ若いから、きっと近くチャンスが来るよ。
 早稲田関係者としては、待つ楽しみがまたできたと考えたい。
以上
 

クラス会と大停電

 投稿者:あきあき  投稿日:2016年10月13日(木)09時45分58秒
編集済
   昨日午後、幹事T君とN君の骨折りのおかげで、池袋サンシャイン60の58階で、R組クラス会が開かれました。今回の参加者は12名。首都圏以外地方からの参加は、小山市、上田市、浜松市の3名。
 まず亡くなったS君、Y君のために黙祷と献杯。それからはいつものように各人の現況報告と歓談。話題は健康と日常生活と家族の話が中心。飲み放題3時間に及びました。 次回は来年秋の卒業50周年ホームカミングデイに合わせ、I君とK君が幹事になって進めることになりました。
 終わって6時ころ池袋の街に出たら人の流れが妙に激しく、ちょっと変だなと思いましたが、山手線はまともに動いていて無事帰宅。すると家内が「地下ケーブル火災で都心は大変だったそうよ」というのでニュースを見てビックリ。サンシャインの地下には大きな変電所があって、新座からそこまで来る中間の火災だったとか。大停電を知らぬが仏の幸運でした。
以上
 

地震と噴火

 投稿者:あきあき  投稿日:2016年10月 8日(土)08時59分38秒
   阿蘇山が未明に噴火したという。関連はわからないが熊本大地震から半年くらいでの噴火だ。阿蘇山は地震以来厳重に監視していたはずなのに、気象庁の予知警報は出ていない様子。地震・噴火予知はやはり今の技術レベルでは困難なのだろうね。関東に住む者としては富士山の噴火や東京直下型地震が気になる。予知が無理とすれば「減災」の方が賢明な方法だろうか。
以上
 

おくのほそ道再読

 投稿者:あきあき  投稿日:2016年10月 2日(日)14時00分57秒
編集済
   冒頭の「月日は百代の過客にして、行きかう年もまた旅人なり」とか、家を売って「草の戸も 住み替わる代ぞ 雛の家」と書き、千住から皆に見送られ旅だったところなどはよく憶えていました。そのあとは読んでいくうちに「そうそう、そんなことが書いてあった」などとうなずいたり、「こんなのあったかな」と考えたり、楽しみました。また、かって任地だった福島で「しのぶもじ摺り石」を見るところ、義経の忠臣佐藤兄弟の実家跡や寺を見るところなどは今更ですが、行って見ておけばよかったと後悔しました。
 早稲田車庫のそばから神田川を渡って、和敬塾や永青文庫のある台地を上る急な石段のそばに、「関口芭蕉庵」があります。学生のころ芭蕉庵は深川のはずで、これはいったい何だろうと疑問に思っていました。今回五十年ぶりに想い出してネットで調べたところ、伊賀上野に生また芭蕉が江戸に出て来た当時、神田川水利工事の監督として住んだ家を、三十三回忌に弟子たちが再建したとわかりました。今でも無料で見られます。
以上
 

もうキンモクセイの薫りが

 投稿者:あきあき  投稿日:2016年 9月27日(火)10時50分6秒
   今朝の散歩で薫りに気が付きました。彼岸が過ぎたばかりなのに早いですね。
 散歩ルートにある大ぶりな樹に、まだ白っぽく小さい花がいっぱい付いています。
これから秋の深まりとともに、キンモクセイの花らしくオレンジ色になってゆくのでしょう。
楽しみが増えました。
以上
 

豊洲の騒ぎ

 投稿者:あきあき  投稿日:2016年 9月24日(土)12時06分5秒
編集済
   毎日家にいるとどうしてもテレビを見てしまう。目に入るのが、築地市場を豊洲の埋立地に移す話。ご承知の通りほぼ完成していて、11月初旬に移転作業が始まるはずだったとか。ところが知事が交代してみたら、汚染対策として決められていた工事を省いて、地下に大きな空間があったと判明。今のところ誰がこの大きな方針変更を決めたのかわからないという。この話題が繰り返しとりあげられもう1か月かな。障碍者施設での大量殺人や芸人の不倫事件より気楽で面白く、つい見てしまう。良いネタとして民放各社は、あと75日間くらい?続けるでしょう。小池知事は五輪準備もある中で、最終的な落し所をどう見つけるつもりかな。
以上
 

バーチャル・リアリティ(VR)

 投稿者:あきあき  投稿日:2016年 9月18日(日)09時37分47秒
  あるゲームソフト会社を訪問したところ、その応接ロビーで驚きました。壁一面が液晶ディスプレーになっていて、水族館を持ってきたようになっているのです。いろいろな魚や、エイ、サメ、亀など泳いでくる中に、さまざまなゲームキャラクタも混じっていました。まず感じたのは金がかかっていることでした。次に、これをVR用のゴーグルをかけて見れば、海底を泳いでいるように感じるだろうと思いました。
 今日の新聞にゲームショウで、VRのデモを体験した記者の感想が載っていました。実際にはないのにあるように感じられる「仮想空間」が実用化されつつあります。きっと世の中変わるでしょうね。
以上
 

徒然草と方丈記

 投稿者:あきあき  投稿日:2016年 9月11日(日)11時26分3秒
編集済
   鴨長明の方丈記はここで全文を読み終わり、今は吉田兼好の徒然草にかかっています。
 成立の時代は方丈記が1212年鎌倉時代初期、徒然草は1330年蒙古襲来から南北朝のころと、100年以上離れていますが、両方とも平安末から鎌倉時代にかけ、二人が見聞きしたことを書いているのですね。
 ところで、方丈記は1~2日で読めたのに、徒然草はボリュームがあってなかなか手ごわい。全2巻243段あるうち、まだ65段目にやっとかかったところです。高校で習った記憶のある段と、こんな話があったかなと思う段の半々かな。急ぐ旅でもないので、恩師の顔など思い浮かべつつゆっくり楽しみます。
以上
 

司法試験早慶戦

 投稿者:あきあき  投稿日:2016年 9月 7日(水)12時03分48秒
   今朝の新聞で司法試験結果が発表されました。合格者数は慶応が155名と増やして一位。早稲田は152名で二位となり、去年170名の一位から転落。弁護士過剰と言われる中、全体の合格者が1583名と去年より減ったという。
 注目点は合格率で、一ツ橋49%、東大48%、京大47%、慶応44%の順に対し、早稲田は35%で五位。合格数で慶応と抜きつ抜かれつの接戦をしていても、合格率で見劣りしてる。 OBとして慶応だけには負けてほしくないね。
以上
 

方丈記再読

 投稿者:あきあき  投稿日:2016年 9月 3日(土)10時14分27秒
編集済
   昨年秋に京都へ旅行したとき、下加茂神社に初めて参詣しました。境内の河合社には鴨長明が住んだという「方丈の庵」のコピーが置かれていました。掛け金を外せば簡単にバラして運搬が可能と説明されていました。高校に入ったばかりのころ、「方丈記」を国語の副読本で教わったのですが、全巻ではなくサワリをとびとびにやった記憶があります。
 先月で勤めを終えて暇になりましたので、アマゾンから取り寄せ、最後まで通して読んでみました。
 西暦1212年に成立?と言われますが、その時代に疫病、竜巻、地震、大火、飢饉、福原遷都の政治混乱など、集中したことが記されています。なるほどそれでこの「無常観」なのかと、あらためて納得しました。今の時代も洪水が頻発したり、地震活動が活発化していますが、この国に住む者の宿命なのでしょう。
 次は高校の国語でとびとびに読んだ芭蕉の「奥の細道」を、通しで読もうかと購入中です。
以上
 

クラス会の通知

 投稿者:あきあき  投稿日:2016年 8月29日(月)14時47分0秒
編集済
   年に一回のR組クラス会を、10月に池袋で開催するという通知が、幹事のT君とN君から届きました。通知には去年の11月にS君が、そして今年の6月にY君が亡くなったと添え書きされていました。
 S君のときはお通夜に出ましたので承知していましたが、Y君については初耳でした。数年前の会でY君は、「難病のためこれが最後のクラス会になる」と言っていました。その後療養に専念していたようですが、ついに逝ってしまったようです。淋しいことです。
 学生時代は麻雀の名手として知られ、卒業後は大手商社に勤め、子会社のトップもしていたように記憶しています。残念ですがクラスの皆が70代に入っていますから、やむを得ないのかもしれません。
元気なうちにお互い機会を生かして顔を合わせておきましょう。
以上
 

レンタル掲示板
/15